通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

高い質を目指す

同時通訳において話された言葉から話す言葉にどう転換させるか、一種のアート、芸術です。その人のクリエイティビティが出るからです。全員が同じ訳し方をするわけではないし、しなくて良い。クリエイティビティと言っても話された言葉に対する理解度、これから話そうとする言語をどの程度自在に動かせるかで変わる、知的な要素が絡み合っている。だから通訳をやっている側は面白いのです。

 

同時通訳においては、話す側の言葉が一方向に流れるところに、少し遅れて話すようになっています。ここをどの程度の距離を引き離すか、そして、いかにも前から訳していますというのを感じさせない美しいアウトプットがどのくらい出来るか、ここもアートです。

 

芸術 げい-じゅつ

一定の材料・技術・身体などを駆使して、観賞的価値を創出する人間の活動およびその所産広辞苑

 

だから通訳が上手いかどうかというのは使っている単語の難易度、文法、発音などどれか一つを取って評価出来ません。

フィギュアスケートの採点項目にある技術点は基礎点と出来栄え点があります。基礎点は技の評価。出来栄え点GOE(Grade Of Excution)は質の評価です。同じジャンプを飛んでも質の高い演技が評価される。質が高い低いはジャッジの主観が入ることは否めません。センター試験のようにマルかバツかという話ではないのです。

 

通訳も同じで、聴いている人の主観によります。質が高いか低いか。

 

どの質を目指したらいいんだという話ではなく自分が思う高い質を目指すことが大事です。ジャンプを4回飛べば見栄えはどうでもいい、言葉が変換されていれば聞こえ方はどうでもいい、美しく通訳出来れば内容は落としてもいい、そういう考えだと高い質を出せる可能性は下がると思います。

 

常にベストを尽くすというのは集中力と体力が必要で簡単には行きませんが、今日も高いGrade Of EXCELLENCEを取る勢いで行きましょーう