通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

does it make sense?

通訳とは元の発言と同じ内容のことを違う言語で話すことですよね。

 

だから日本語から英語に、

英語から日本語に、

文字の通りに訳して安心して、何も考えなくなってはいけないと思います。

 

文法的に間違った文章でなくても、そんな言い方は英語でしないだろう、そんな言い回しは日本語でしないだろう、というのを、通訳していると分からなくなるのかもしれません。でもその部分の単語を、その文章をそのまま漏れずに変換したから通訳したと満足してしまうとその先に成長する伸びしろ、可能性を勝手に狭めることになってしまいます。

 

いつになっても自分に対して冷静に客観的であることに尽きると思います。通訳が上手くいったと思うことがあっても、よくもまあ上手くいったなと思うのは直後だけで十分です。それよりもうまくいったときはなぜそうであったかの分析をしないと、まぐれ当たりで終わりになってしまってもったいない。

 

成長は新しいことを出来るようにするだけでなく、今までやっていたことを確実に出来るように、そしてそこから更に進化させることだと思っています。

 

今まで当たり前と思っていたやり方、疑いもしなかった自分の英語、日本語、話し方など、客観的に聞いてみてどう思うか、成長の種はたくさん見つかります。