通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

英語の理解は左から右へ

日本語は音節が英語より多いため、同時通訳では同じ情報量を出すとすると多く話すことになります。 

 

それに日本語と英語は語順が異なるため、同じ文章構成ではアウトプット出来ません。しかるべきところで句読点をうっていかないと、英語を左から右にしか理解するしかない通訳者にオーディエンスが引きずりまわされます。つまり英語は主語の次すぐに動詞なので、動詞を覚えておいて全部聞いた後に動詞を付け足すということが毎回出来ればいいですが、そんなに余裕はありません。万が一動詞を忘れてしまった場合には意味が全く違ってきます。そもそも英語は左から右に理解しないと完全においていかれます。

 

ということで終日英語から日本語への同時通訳の会議の日はずっと音節の多い日本語を話しているので口と舌の筋肉が疲れてくるのですが小顔効果も期待してがんばりたいと思います。

 


f:id:leogirl:20191201083809j:image

会議場の近くで