通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

ニュアンスを正しく。

英語も日本語もネイティブが話す形に出来るだけ近づけたいと常々思っています。分かりやすく、ストレスなく聞ける通訳をしたいという私の勝手なパッションですが。

 

日本人通訳者が聞いていて、通訳されている英語を聞いて理解出来るのと、英語スピーカーが聞いて理解出来るのは別です。ここは完成することはありません。通訳する瞬間に常に緊張してかかるべきです。

 

そして短い時間の中で同じ内容を伝えるには構文や使う単語に工夫すること、そして自分の理解度を深めることによって可能になります。自分の使う構文や単語を変えずに情報を詰め込むと舌が回らなければ聞いている人に伝わらないのが悲しいところです。

 

加えて、単語やフレーズは正しく使えて初めて意味が通ります。伝えているつもりでも伝わっていなければ意味がありません。そこは常に改善に終わりがなく、反省が常に求められるところです。今の使い方って?、と。

 

そこに関連して、英英辞典をひく、ということをこのブログでは何度も書いてきました。英英辞典をひいて初めて、単語の輪郭、意味が分かります。そのプロセスなしに、和英辞典やアルク英辞郎だけ頼っていると間違って使っていることがあります。日本語だとなんとなく同じ訳だから使っていても使うときのニュアンスが全く違っていたり、和英辞典には動詞として使うように書いてあっても英英辞典には動詞としては使えないとのっていたら、英英辞典が正しいわけです。

 

ニュアンスを正しく理解しないと、通訳で自分が出したいニュアンスが出せませんよね。

言いたいことの意味を理解して、聞いている人にちゃんとニュアンスが伝わる通訳を明日も目指したいです。

 

 

f:id:leogirl:20191116192722j:image

週末の朝