通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

分からないを放置しない

学者先生たちが集まる会議は相当準備が必要になる。その分野において歩く辞書であり、その分野の先も考え、国の方針にさえ影響を与えうるのだから何を言い出すか分からない。中核情報はもちろん、周辺知識まで全ておさえる覚悟での準備が必要になる。

 

それと同じく難しい、かつ冷や汗をかく学者の非公式な集まりや会食。用意のしようがない。話題は多岐にわたる。料理の素材はもちろんのこと、様々な分野の先端を走る人間が国内外の現状について思いついたように気候変動から税制度、皇室、世界経済、お抱えの庭師について(?!)、米国政治まで語る。

 

先日思ったのは、上記はどの会合に、会議に出ても普通に出るトピックであり、通訳者として世界情勢に明るくないといけないなあということ。要するに新聞に書いてあるような普通のことを深浅あれど話しているだけだから、知らない時点で通訳者としては、恥ずかしい。早いうちからアレルギーを感じないよう慣れ親しんでおくことはフリーランス通訳者として、そして目指すのであれば必要かと思う。どんな新聞でも媒体でも構わない。紙でもLINEニュースでも何でもいい。本を読んだっていい。正解はない。

 

気候変動については常に熱い。この話題なら例えば米国がパリ協定から公式脱退表明したこと、ブラジルの森林火災に対する欧州と同国との対立は基本知識だとおもう。米国政治も来年大統領選挙がある故に熱い。候補者は誰か(とそれに付随する大統領弾劾の話題)、彼らの目玉政策は何か程度はおさえておくとこわくない。政治や宗教などはタブーとされているけれど、世界情勢の話になれば今の時期米国政治は避けられないのかもしれない。トランプ大統領がおりれば国際社会のあらゆるところに良くも悪くも影響が出るから。

 

学者先生は皆さん英語を難なくお話しされるが、説明しないと日本人以外には分からない慣習や歴史に関しては通訳を必要とされることがある。今であれば天皇御即位周辺の日本特有の行事やその意味など。

 

大嘗祭、英語でちょっと説明してくれる?とふられることもある。大嘗祭自体は英語で何と言うのか普段から触れていないと出てこないかもしれないが、一度でも調べたり新聞で読んでいればどんな行事か分かって英語で説明できると思う。

 

森羅万象を、、と言ったりするけれど、何でも知らないと、何でもすぐ言えないと、通訳者になれないわけじゃない。けれど今のこの時代を生きている人間の言葉を訳すのだから、現代情勢を知っているのは業務の一部と言えないだろうか。

 

情報を消化して整理し理解するには一夜ではどうにもならない。一日一日の終わりなき積み重ね。

 

だから「なぜだろう」「何だろう?」と思ったそのときに、放置しない、それが積み重なって後に自分を救うことになる。

 

f:id:leogirl:20191114122340j:plain

根詰めた仕事のあとは、休憩♡