通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

自分の通訳クオリティを常に意識すること

日本に住んでいると多くの方は大学受験を経験されると思います。

希望校を決めて、その目標に向かってひたすら勉強をして受かったら燃え尽き症候群になってしまう...ということは私だけではないと思います。

 

自分は今がいざ勝負の時、ぐらいに思っていても生きている限り、後から振り返れば長い道のりの一つのマイルストーンにしかすぎません。

 

通訳学校を卒業するということも、

この人の通訳をしたい、と目標設定して達成することも、皆同じだと思います。

 

通訳は一生完成しません。一部パーフェクトに出来ている部分もあれば、イマイチなところもあり、改善すべきところもあります。人の言葉は変化し続ける上に、どこまでいっても他人の言葉を訳すので、これが正解だ、ということはありえません。他人から褒められることはあっても自分のパフォーマンスは問題ないと思うことがあっては、裸の王様状態です。他人の批判をするなどまったくもって考えられません。

 

 

 

通訳学校を卒業してもそれはどうにかフリーランスで話にならない程度ではない、くらいの意味でしかなく、そこからどうやってフリーランス通訳者として成長していくかは、卒業した後が肝心です。

言い換えれば、卒業して必死に目の前の仕事をこなしているだけでは、卒業した時と変わったところは少ないと思っていいと思います。唯一場慣れは、します。

 

仕事で育ててもらえるのは社内通訳の仕事です。トライ&エラーが可能だからです。

午前の会議で出た分からない意味を社員に聞いて分かる、午後の会議に出る、さっきの知識とプレゼン内容がつながった!というように、失敗してもその検証が出来て、同じような場面で生かすことが可能です。ラグビーでいうテストマッチです。どこかの監督が話していました、本番ワールドカップではないために色々試せる、自由度が高く、プレッシャーも少ない、と。

 

フリーランス通訳は毎回毎回の仕事が本番です。私たち通訳者は辞書ではないですし、神ではないので相手の言ったニュアンスが全ての発言で100%伝わるような失敗ゼロの仕事の方が少ないです。大小関係なくカウントすれば。

ですがフリーランス通訳は検証をして、確認して、再トライ、が出来ません。特に同時通訳などは録音していない限り自分が元の発言からどれほど逸脱していたか、どこを勘違いしていたか、一生分かりません。自分を厳しく監視する、その必要性を意識する、そこがまず第一歩だと思います。