通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

discipline

通訳って難しいなあと自分でやってても思いますが、自分が通訳をオーディエンスとして聴く側にまわったときも特にそう思うのは客観的になっているからだと思います。

 

なぜかというと通訳は言葉そのものではなく、言葉が持つ雰囲気そのままを伝えることが仕事なうえに、かつ、常に整合性をチェックされる環境だからです。

 

それに加えて通訳は必要悪(だと私は思っています。)なので、聞いている人に不快にならないようなデリバリーが必要だからです。

 

 

自分の言語では何と言っているのかを知りたいだけで、特定の通訳者の声を聞きたくて聞いてるわけではありません。だからなるだけ聞きやすいことが大事です。

 

デリバリーが大事と通訳学校でも先生は言うと思いますが、聞きやすさは本当に大事です。

 

 

それだけではなく、正確だけれど通訳がスムーズでない場合、中身以外のことに気がとられるからです。フィラーが都度入ったり、何度も文を作り直したりしていると、聞いている人は箱の中身ではなくて、箱が気になるようになります。

 

 

誰でも自分の口から出る言葉のコントロールが苦しくなるときはあります。正確性は保ちつつ分かりやすい通訳をする。まあ簡単ではないからこそ、仕事として成立しているんですよね。

 

自分の口のコントロールはいざという時だけやろうとしても無理です。録音して確認する、など何かしら客観的に自分の声を確認する必要があります。

 

disciplineという言葉がありますが、普段から自分の口のしつけがどの程度出来ているか、いざという時に顕わになります。えっとなんだっけ、なんだっけと思ってもam, eh, あっ、あっと言わないようになるまで訓練です。プロになっても普通に出ます。出続けます。学校を出て、自分に口出ししてくれる先生がいなくなったら、自分で自分の先生をする必要があります。基本的には、誰も言ってくれないからです。