通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

スピーディーに、簡潔に

逐次通訳も同時通訳も、全ての情報を綺麗にまとめて一文で出そうとする努力は大切ですが、大抵分かりにくくなります。

 

同時通訳であれば、日本語に追いつかなくなって途中で文章を捨てるという最悪のケースがあります。捨てるなら単純な文章で情報を出していったほうが聴いている人のためです。

 

逐次通訳でも、テンポが悪くなります。

聴いている側は何を言いたいのか混乱します。

スピーディーに文章をパシパシ決めていけるなら全く問題ないですが、逐次通訳をする際には相手を待たせる時間を必要以上に長くしないことは大事な心がけです。

 

慌てる必要はありませんが、ゆっくりゆっくり話さないことが大事です。皆さん時間が限られた中で対話したいので、通訳が終わるのを待っています。ホワイトハウスの通訳官が同じようなことを言うのを耳にしたことがあります。

 

議事録をとっている人もいるし、通訳をきいて、理解して、返事をする人もいるので超高速は不親切ですが、スピーディーに、簡潔に、エコでたんたんたんと進めていく。

 

電話会議などで長時間話しているとき、また緊張する会議など、通訳と脳の体力を最後までもたせることも常に意識しなければなりません。

 

仕事のあとのご褒美でした
f:id:leogirl:20190813195242j:image