通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

日英逐次通訳

英語から日本語にするとき、意味をつかんで、日本人であれば話す話し方で通訳をします。英語の文章構成通りには話しません。

 

日本語から英語も全く同じですよね。こういう日本語を話したから、その文章を英語にすると、、とやっていると、単語数は多くなるし、何より分かりにくい。

 

通訳学校に通っている間、日英逐次通訳は嫌でした。今は、結構好きです。

 

誤解恐れずに言えば、伝わればいいんです。

日本語に相当する表現を使わない方が伝わることはいっぱいあります。文章をたくさん切った方が伝わりやすいこともいっぱいあります。

自分が理解した話を、自分の英語で話す。もとの日本語でどんな言葉が使われたかは、意識しすぎていると伝わりません。

 

今、聴いている側が、こちらが話している途中から頷いてくれることが多くなりました。結果、会議の会話のテンポも早くなった気がします。

 

日本語では自分の言葉で当たり前のように話しているのに、英語ではなかなか出来ませんでした。ネイティブではないから仕方ない面もありますが。

 

当時は何もないまっさらな状態から英語を話し出して空気を作って相手に伝えていくということは『どんな感じ』なのか、ほとんど分かっていませんでした。もちろんまだまだ勉強中ですが。

 

英語で何もないところからあるトピックについて語るとき、こんな感じで話すのだ、というイメージがないと「それで、それから」というニュアンスで『so』が出てしまうんだと思います。気持ちはすごく分かります。

 

以前も記事にしましたが、この人のように話したい!と思う人を見つけることも結構大事です。何度でも、いつでも、聴くことで自分の話し方も変わっていきます。

 

それからリプロダクションするとき、音読するとき、逐次通訳しているつもりでやってみると、英語の話し方がつかめるかもしれません。