通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

同時通訳の流れを、自分の理解不足を理由にとめない。

日本語から英語への通訳は、ネイティブ日本人なので基本的に何をスピーカーが話しているのか理解をしてから文章を作ります。言葉を文が並んでいる通りに変換していては、英語だけ聞いている人が聞きにくいからです。

 

英語から日本語への通訳は、必ずしも同じ方程式は当てはまりません。日本人通訳者であれば、まず英語を全て取るところに集中しなければ意味がトンチンカンになっていきます。そこがまず日英との差です。当たり前すぎてあまり書籍にも書かれていないし、声を大にして誰も教えてくれませんが、そういうことになります。同時通訳とはそういうものですが、日本語を話しながら、英語の文章を全部落とすことなく聞いていないと、わけが分からなくなって、話を作ることになります。(通訳者の間では創作活動と言ったりしますが、あまり笑える話ではありません。そういう状況になったら冷や汗ものです。)

 

 

話をもどし。

聞いていく中で分からない単語が出てきます。「ん何だろう今のは」と思う専門用語や略語です。それは理解を待たずにまず出すことだと私は思います。 

 

 

日本語から英語に通訳しているときは、途中でそうしたものが出てきても落ち着いているはずです。「ん何だろう今のは」と思っても、普通に聞いていれば何の話だか分かるだろう、というスタンスのはずです。

 

英語から日本語に通訳する時も、分からなくても遅れずに言葉を出すことでそうした流れを大事にし、そうすることで逆に自分の理解が深まります。日本語と同じで、「ん何だろう今のは」と思った直後も落ち着いて普通に聞いていれば何の話だか分かることがほとんどだからです。

 

確かに、日本語英語関係なく知らなかった会社名など、具体例で一度だけ出てきたものは、その一回しかないので前後の文脈から推測しようがありません。その業界に普段から浸っていない限り、そのスピーカーより詳しい知識を持っていることはあまりありません。

だからこそ分からないことが出てきても、その言葉を発しておく。

「何だろうそれ」と思って訳しても、それでクライアントが分かっていることがあります。

 

専門分野を固定させていない限り通訳者はいくつかの分野に触れているので、一つ一つの分野の理解が深くはないわけです。スピーカーに理解が追い付かなくても、通訳者の理解の範囲内にアウトプットをおさめることなく、言葉を出す。言うのは簡単でも実際には難しいです。でも、大事なことだと思います。

 

 

 

 

 

そうはいっても当然、英語だろうが日本語だろうが理解をしてから通訳するのは基本中の基本です。通訳者がスピーカーの言っていることを理解して話している場合は、英語でも日本語でも「伝わる」からです。

点数を稼げるところはしっかり稼ぐ。厳しいときはくるので、そこは稼ぐのではなくて失点を抑える志で耐える、ということでしょうか。