通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

クリアな音源を確保するところから

最近は英語から日本語への同時通訳に入ることが多く、耳から入る音を大きすぎずしっかり確保したいという自分のニーズがはっきりしまして、オーバーヘッドホンを今は使っています。

 

同時通訳というものは話しながら聞いていないといけないので、自分の声をかき消すしっかりとした音源が耳から入る必要があります。

 

今までは耳にひっかけるタイプを師匠から受け継ぎ通訳学校生の頃から使っておりました。今でもコンパクトで慣れているので肌身離さず持ち歩いています。日本語から英語にする際にはさすが、日本語ネイティブだからか、日本語はひっかけタイプでも入ります。

 

オーバーヘッドホンは、英語から日本語の際に威力を発揮するように思います。

カナル型は、私はてんでダメです。

自分の声が頭に響いてしまって、耳から入る音が綺麗に拾えません。

 

 

入ってくる音が綺麗にはっきりと聞こえるだけで、かなりの安心材料です。

f:id:leogirl:20190710192517j:plain