通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

英日同時通訳メモ

こうすれば上手くいく、という方程式が決まっていたらいいのかもしれないけれど、通訳というものはそういう性質なのかもしれない。

 

通訳は通訳者の性質に大きくよるものだから仕方ない。

 

それでも自分にとってのこうしよう、という方程式、方針のようなものを常に意識することは大事だとおもう。

 

ゆっくりと話して、わかりやすくアウトプットする、と決めたなら全部細かいところを拾うことは出来ない。そのときに反射的に拾えないことに焦るべきではないし、逆にうまく情報が一貫してまとまって伝わるようにしないといけない。適当に落としてゆっくりと通訳をしているだけならいい通訳とはいえない。同時に処理して、速くに情報についていけていないだけなのだから。

 

 

拾うと決めたなら遅れないことが大事になる。慣れたトピックなどの場合は遅れても知識で補えるかもしれないけれど、通常そういうわけにはいかない。初心者のときは特にそう。

 

遅れないことでしっかりついて行けるし、自然に自分の理解が深まる。

 

ただここで注意したいのは、あまり話されている日本語英語の品詞や細かいところに振り回されないこと。見えてきた風景をそのまま話すこと。そうでないと聞いている方が苦しくなる。

 

理解したことを話しながら、新しい情報を聞くということは充分可能なのだから。

 

カタカナでそのまま英語にするのは通訳じゃないとか、日本語にしろ、とか、それもよく分かる。それはそうだけれども、うまい訳語が出てこないから、と唸って後から来ている文章を落とすくらいなら、とりあえずの表現で逃げておけばいい。

 

もちろん初めから美しい日本語に最初から出来ることを目指すことは悪くないけれど、スピーカーが伝えている情報を落として美しく伝わるなら、まず見過ごせるほどの美しさで情報を全て出すことが大事だとおもう。

 

基本的に通訳を通ったからといって伝わるはずの情報、意味は落ちてはいけないと個人的に思っている。

 

スピーチやプレゼンとちがって、一つ一つの指示が聞いている人にとってクリティカルになる場合は、その後のオペレーションに大きく響いてくるため、落とさないようについていくことが大事だ。