通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

go rock

f:id:leogirl:20190627191244j:plain


この場所に戻るといつも想う

 

通訳という仕事の楽しさと重みとを知った場所

 

通訳された指示を元に手を動かす人達をみて、口から出る言葉の重みを知った日々

 

本人が話しているようだと言われて初めて通訳をして嬉しかった日

そうして通訳の面白みを教えてもらった日々

そのとき初めて、通訳ってこうやるんだ、と肌で知った

 

 

自信がついた日々

 

人の言葉に生まれて初めて真剣になった日々

 

おまえは名前で仕事をしろと背中を押してもらった日々

 

妥協は絶対するなと送り出された日

 

自分が通っていた学校や塾、所属していた企業はいつまでも同じ顔をしてはしない

皆成長し、自らの人生を歩む

 

それでも過去に存在した日々は消えないから

あの日々に、ありがとう

 

いつも私の原点を思い出させてくれる

生の哲学を、通訳の哲学を思い出させてくれる

もう少し通訳者でいてみよう、がんばってみよう、と思わせてくれる

 

こうして時々戻ると、謙虚な気持ちになる

初心にかえる、とはこういうことなんだろうと思う

なにもかもが初めてで、こんな通訳聞いてられないと放っぽりだされたらどうしようと心配しかしていなかった日々

そういう時はひとつひとつ丁寧に取り組んでいた

 

今も丁寧に取り組んでいる。つもりだけれど、皆の表情を見ながら「この表現でどうだろうか」「この想い伝われ」と必死に通訳をしていたあの日々を振り返ると思う。

一つ一つ丁寧に向き合おうって。

 

 

まだ終わらない今日という日。

妥協しないでがんばります。