通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

インプット音源

 

www.csis.org

CSISポッドキャストに関して前回触れました。

通訳訓練にも使えると書きましたが、トランスクリプトが載っているからです。CSISポッドキャストなだけあって、崩れた文章構成が少ないのもイイです。音声が速いリプロダクションにも使えますよね。

 

[音声DL付]BeNative! 金融の英語?金融業界で「本当に使われている」英語が分かる1冊! BeNative!シリーズ

CD付 BeNative! ITの英語

 

このシリーズは現場での音をそのまま録ってきてあり、スクリプトもついています。こちらは、崩れた発音や話し方、単語と単語が合体した話し方も多く出てくるため、キツイときもありますが、鍛えられます。(日本語訳はイマイチですが)いつも綺麗な英語ばかり聴いていると、耳の集中力がなくなるからです。

 

多読、精読とあるように、たくさん聴いて(多聴)、かつ、丁寧に聴いていく訓練(精聴)も欠かせません。新しくついたポジションでも、仕事もこなせばこなすほど、処理が速くなります。それと同じで耳も多くに触れることで慣れるようになります。

普段日本人は大量の英語には日常生活で触れないので、いざ、英語が聴こえてきたときに「わっ」と身体が硬くなります。それがあるだけで実力が出せません。

英語に身体を慣らすということは、プロになっても、通訳学校生でも、ずっと半永久的に続けるべきことです。日本にいるということは、日本語から英語にすることが圧倒的に多いためです。プロだからといって、自動的に大量の英語を聞けるわけではありません。

 

ただたくさん聴いているだけでは、自分のリスニング力は変わりません。

精聴が必要です。

これはリプロダクションで十分カバー出来ます。

理解していないと再生できないわけなので、理解力が養成出来るからです。