通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

英語から日本語への同時通訳に必要なこと

同じことを話すのにも、英語より日本語の方が長いです。

しかも英語の方が速く話しやすい言語です。

大体、日本語は速く話すような言語ではありません。

この違いが英語から日本語の通訳を難しくしていることは否めません。

 

人によって同時通訳のプロセスをどう感じているかは違うので一概には言えませんが私の場合、

日本語を英語に訳すときは、聴く、理解する、話す、自分のアウトプットを監視する+次を聴く。

「自分のアウトプットを監視する」と同じタイミングで次の日本語は耳に入ってきます。日本語ネイティブだからです。もちろん初耳のことを聴く時には余裕しゃくしゃくというわけにはいきませんが。

 

しかし英語を日本語に訳すときは、聴く、理解する、話す、自分のアウトプットを監視する+聴く。と言う風にはなかなかいきません。なぜかといえば、日本人である自分の母語を監視している暇があるなら、母語ではない英語を聴き取りたいからです。むしろ、話す+監視するが同時です。監視をほぼしないでいいくらい、元の言葉から離れすぎないようにします。元の言葉から遅れれば遅れるほど、口と耳で行っていることが乖離してくるので監視の必要性は増します。

その場合日本語から英語は対応できても、英語から日本語の場合は聴く方に比重がのるので口からでる正確さも、そして量も減ります。

 

 

 

起点となる言葉が聞き取れなければ推測ゲームになってしまうので、聴くことは義務です。聴く義務も全うしながら、日本語アウトプットを確認したいという欲張りな私は、やはりスピーカーに遅れずに前から順番に出していく方法があっていると思っています。前から順番に、というのは、意味の最低限のかたまりを、です。(小松達也先生の

通訳の技術でもそういうことになっています)色んな方法で同じ個所を通訳してみても、結果的に一番中身を理解出来て、ポロポロ落とさずに出せる感触です。

 

前から順番に出すかわりに、分かりやすくまとめて、と思ってやってみても結局、落としています。言わなくてもいいものかどうか判断するキャパシティはもう脳に残されていないので、私にとってはかなり危険な方策だと思っています。

 

西山千氏はご著書の中で、よく考えてみれば人間は通常話すとき、次に話すことを次々に考えながら話すのだ、と仰っています。Aという事象について話しながら頭の中は次のBのことについて考えているのが常だ、と。言われてみればそうですよね。そうでなければ一文話し終わったら小停止しないと次の文にいけないことになってしまう。

 

つまり彼が言っているのは、英語を聞いたそばから理解出来る力があれば、それを次々に出していくのは大変なことではないだろう、ということですよね。

 

同時通訳は何度もやっているうちに慣れます。慣れてくると、心に余裕が出来てきますので慣れるために、同時通訳そのものの練習も大事ですが、英語を聞いて瞬時に、深く意味を取れる理解力を鍛えることが通訳者には必要だということになりますね。