通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

このブログを読んでくださるあなたへ

このブログはですね、初めから読んでいる方はご存知でしょうが、失恋したことがきっかけです。

 

失恋してなぜブログなんだ、とお思いでしょう。私にも分かりません。もう数年前の話で、相手は国内にすらいません。(今はたまには電話もする友人です)

 

それが偶然なのですが、悲しみの谷に落ちてすぐ後に、今の師匠が当時開講しようとしていた通訳クラスに呼ばれました。悲しむ間もないほど大変な日々が始まりました。今振り返れば、これから登ろうとしている山が高すぎて、求められているレベルが高すぎて、何を自分がしているのかよく分かっていなかったほどです。

 

そんなことで失恋がきっかけのブログはいつしか通訳者を目指すブログとなり、おかげさまで通訳者となった今、通訳者のブログとなり今に至ります。

 

途中で1度ブログを閉じようとしたこともありました。分析ばかりしていないで、実際に手を動かし口を動かし、実力を上げたらどうだい、と。師匠は当時、恋愛と同じだから発見をし続けて書き続けろ、と。それから2年はゆうに経ちました。書いていて良かったと思います。ひたすら自分に対して思うことを、自分に語りかけるように書いてきました。

 

最近もそろそろ閉じようかと思い師匠に報告にあがりましたが、またご指南頂きこうして書き続けています。

 

昔から御礼を言うなという変な師匠ではありますが、でも、ありがとうございました。

 

私がしてきた発見や、考えたこと、感じたことが、同じように解を求めてインターネットをさまよっている方にヒントになれば、ちょっとは気休めにもなるだろうとも思うし、前に進める気がするだろうとも思います。そういうちょっとした、真剣ではない気休めはとても大事です。真剣なアドバイスばかり聞いていると疲れるものです。

 

特に英語を勉強している方や通訳者を目指している方はトンネルの先がいつ明るくなるのか分からないから、トンネルをとりあえず出たらどうなるのか、トンネルど真ん中の時はどうしていたか、トンネルを出るためにはどうしたらいいか、そうしたことが知りたいんだろうと思います。

 

そういった意味で、読んでよかったと思える程度の中身のあることを書けるよう、普段から頭を回転させていきたいと思います。私自身、このブログが何歳で寿命になるのか知りませんが、リクエストがあればいつでもコメントから。どうぞ。