通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

take a second before your brain is hijacked by the world outside

社内通訳者だった頃は、一日の終わりに寝る時間までを勉強の時間に充てて、基本的に眠くなったら終わり、という生活を繰り返していました。その日にやらなければならないことが全て終わってからのトレーニングは疲れても寝るだけ、と思って気楽でしたし、朝の起床時間もそれほど早くなかったのです。とにかくあれとこれと、それからここの続きから、、とその寝るまでの時間に毎日詰め込んでいました。

 

 

いまは、仕事に行くまでの朝の時間を活用しています。

夜は、仕事から帰ってきてから詰め込むほど勉強しません。翌日の資料が間に合わず見きれていないページは見ますが、寝る時間になったら止めます。夜やるよりも朝やる方が断然早いんです。たぶん一つ一つに足を取られる時間が脳がフレッシュなので短いんだと思います。これはこうする、ああする、という決断もサクサク進みます。

 

朝は頭もすっきりしていて、一日の、そして自分の人生にとってのプライオリティを考えられます。朝にプライオリティづけをして、一日の自分の行動がコントロール出来ます。Mel Robbinsのプレゼンを見たのがきっかけです。

 

TEDは暇つぶしによく見ますし、NPR TED Radio hour も一つのトピックのもとでインタビューとTEDが織り交ぜてあって飽きません。その中でも本当に気に入ったプレゼンは片手で数えるしかないのですが、Mel Robbinsは見た中で一番気に入っています。You Tubeも多くアップロードされているので、自己向上したいという方は是非。楽しいです。

Mel Robbins: How to stop screwing yourself over | TED Talk


とにかく目の前のトレーニングをたくさんこなす、毎日これらすべてをやると決めてやることも必要な時期はあります。まずは量をこなしてからの質、という議論も、個人的には合っていると思います。ただ、とにかくたくさんこなすことだけでは、いまいちピンとこない時期が私にはあって試行錯誤をずいぶんしました。

 

今はこの朝パターンがうまくハマっている気がします。