通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

パートナー

パートナーというのは一通訳案件に共にアサインされた通訳者のことです。

 

日本語から英語、英語から日本語、どちらにするにしても通訳中は集中力MAXです。同時通訳なら当然ですが逐次通訳でノート取りをしている間も同様です。耳に入ってくる音は出来るだけ100%拾いたいのは通訳者全員同じだと思います。拾えない時ほどストレスなことはありません。

 

達成したい目的は通訳者同士同じですから、助け合いが大事になると思います。

 

特に同時通訳では相手が担当している間は出来るだけ気が散らないようにするべきだとおもいます。紙をめくる音やボールペンのカチカチカチという音は、音声を落とすまいと思って通訳している人にとっては気が散る原因です。なるほど、と自分用にノートを取る時にもパートナーに対してノートをとっているように思われないように気を遣うようにします。以前相手が通訳中に私が自分用にメモを取っていると、焦って見ようとする方もいたので、気を付けようと思ったことがあります。

 

伝えたいことがあっても相手が通訳中なら見れば分かるようなメモで一方向で終わりにするべきだと私は思います。通訳中の通訳者にノートで話しかけて返事を求めたりすれば明らかに通訳はままならなくなります。

 

色々な方からパートナーとの相性のようなことを聴かされてきましたが、あまり大変な思いをしたことがなかった私は重要性を分かっていなかったと思います。

 

でも確かにパートナーとの通訳外でのやり取りが、結構通訳中も反映することを最近肌で感じるようになりました。通訳は個人プレーではなく、チームスポーツです。仕事中はもとよりどんな時も仲間の士気を奪う発言はレッドカードだと思っています。1人1人が確かな腕をもとうという志と今の自分に誇りを持つことは大事なのと同じくらい、この2人で、この3人で今日を成功させようという気持ちやマナーは大切だと思います。