通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

同時通訳における動詞の重要性

同時通訳をすると、最中にいろいろ考える暇が無いから終わってからフラッシュバックのようにアレは、、あの時は、、と考える事が多い。

 

ちなみにこのブログで私がブツブツつぶやいているのは自分のことなのでご了承ください。

 

やっぱり文は閉めないと、無理矢理切らないと、聞いている人は分からない。

 

なぜ無理矢理文を閉めるという言い方かというと、英語と日本語は語順がちがうから。多くの方が聞いた事があると思う。だからどうやってるの?ということになると思うのだが、それは通訳者が動詞を補うことが鍵になっている。英語の場合は、前出の動詞を覚えておいてうしろにもう一度つけるとか、先を予測しながら補う。

 

 

スピーカーが使っている単語を全部変換するのは通訳ではないから、何を言おうとしているかをつかむ努力を怠れば、当然わかりにくくなる。