通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

正解ばかり考えない。

聞いてていいなあと思える通訳って、

こんな通訳は嫌だなってことを考えればよく分かるかもしれない。

 

ウッとか

(スピーカーが速くて困ってるんだろうか)と聞いている人に思わせる息づかいとか

わかりやすいところだけど、それは避けようと思っている。

 

えー、ah, umもいけない。

日本語は気をつけられても、何故か英語ではumとかやってしまったりするから気をつけたい。

 

ただある程度、こう、含みをもたせたつなぎ言葉はアリだなって最近思う。ロボットみたいに、言った日本語をそのまま変換するだけでなくて、まるで実際のスピーカーが話すのが聞こえてくるみたいに自然な話し方で。

 

含みをもたせたとは、umを言っていいとかそんなことではなくて。

 

ここですけど、、えーっと

 

とスピーカーが言ったときに、(文章に意味は特にない、というか何もないから)何も言わない人(通訳者)がいれば、何か言う人もいる。聞いている方からしたらどちらが自然かなあって、「当たり前の」感覚に落ちて考えることは大切だとおもう。