通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

日英逐次通訳

会議に出席している人のほとんどが英語を理解していても通訳をすることは、よくある。彼らが聞いていて安心できる速さの、通訳者クオリティの英語を出すことは、会議全体の成功を考えたらとても大事だと思う。

 

正式な会談であったりスピーチや、時間が迫っていない場合は分かりやすく、速すぎずに、英語を話す。基本はそうであるべきだと思う。通訳学校でも私はよく速い速いと言われていたけれど、速すぎずに周りが安心して理解できる速度で、しっかり英語を話すのは理想だと思う。

 

時間がかなり限られている会議も、もちろんある。

限られた時間で中身のある話に、話の本髄に入って議論をしたい。かつ、逐次通訳。

となった場合には、優雅に話している場合ではないときもある。

 

表現はともかく、他人に聞かせる速度と、他人と会話する速度は、違う。

日本語でも同じ。

 

 

一つの型、ルールで自分の首を絞めないこと。

 

そして速く話さないのと、速く話せないのは訳が違う。

時には速く(当たり前だが分かりやすく)話すことがクライアントの為になることもある。

 

基本を知っているから、ハズせる。

必ず例外が出てくるけれど、例外だらけなわけでもない。

基本が板についていないと例外にも対応できないもんだと思う。

 

 

どこまでも基本が、基本。