通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

スタイルをもたないということについて

こんな通訳スタイルでいこう、こういう同時通訳ポリシーでいこう、と決めていても迷う時が来ます。これで本当にいいのだろうか、と。

 

一つのスタイルで追求した先に初めて、迷いと出逢います。

通訳にこれが正解、はありません。

自分のスタイルを変えることでベターな仕事が出来るなら、スタイルは、フォームは変えていけます。こだわることはありません。

 

 

どんな時にも当てはまるポリシーというのはないと思ってます。

通訳の形式、クライアントによって大きく変わります。

 

同時通訳で速く話すスピーカーの通訳をどうにかしたい、と思ったとします。

場合によっては、スピーカーが速く話せば自分もそうせざるを得ないこともあります。スピーカーがあれだけ話しているのに通訳はそれだけ出ていない、あれは交代してくれというクライアントもいます。

逆に、スピーカーが速く話していても、自分がそうしなくとも中身を分かりやすく、聞きやすく、伝えることが重視されるケースもあります。

 

ここで、同時通訳はスピーカーの速度に合わせてしゃべるしかない、とか、聞いている人の耳にゆっくりと聞きやすい通訳がいい通訳なのだ、とかの議論は不毛だということです。そのときそのときに適したサジ加減が調節できるのが人間じゃないでしょうか。臨機応変に、柔軟に対応できるのが人間のいいところです。

 

 

白か黒か、で通訳を語ろうとするとうまくいきません。

正解がないゆえに完璧なスタイルもなく。

だからこそ追求するその先に終わりがなく。

 

 

言葉という哲学に思いをはせて明日も。