通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

動詞を大事にしよう

英語から日本語への通訳。

 

1つ思ったのは、日本語から英語にするときにも、逆でも、動詞を補って完成した文を作り続けていくことが大事だということ。

 

日本語は述語がなかなか出てきません。何かしら動詞を補って文を作る必要があります。そういう意味で、予測が大事です。

 

英語は動詞がすぐ出てきます。句や節でどんどん文が長くなっていった場合は文を短く切りますが、なにが「どうした」の部分はその都度補っていかないと聞いている人が意味が分かりません。

 

一言語を聞いてそれを元にもう一言語を話しているため忙しいですが、「どうした」の部分は頭に入れて通訳すると、結果、自分が助かります。