通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

目的を考えよう

通訳は誰のためのものか、ということ。

 

服はビジネスなら相手のため。

プレゼンはお客様のため。

手術は患者のため。

 

 

なんでも目的は存在している。

通訳は明らかに聞いている人のため。そして、話している人のためでもある。

二つのものの間に入るのが通訳だから、

スピーカーだけが、聴いている人だけが満足しているのではいけない。

そこをどう追究していくかが、通訳の深みだと思う。

 

スピーカーが言ったことは全部(の意味)を伝えなければいけないけれど、スピーカーが話した(言葉を)全部を言う必要があるかと聞かれたら、それは、ないと思う。

通訳の役割を考えれば分かる。

日本語しか分からないAさんが英語がわかったら、理解していたであろうレベルで話されている風景を伝える。

英語しか分からないYさんが日本語がわかったら、理解していたであろうクオリティで話されている風景を語る。

 

 

 

最近思うのは、通訳は自己満足に陥ってはいけないということ。

聞いている人が速すぎて聞き取れなかったり、声がもそもそしてなんだか意味がよく分からなかったり、緊張して滑舌が悪くて聞き取れなかったり。厳しいけれど、通訳の意味がない。聞き取れていないのだから。言っていたつもり、とか、スピーカーがそれを全部言ったから、とかは言い訳にはならないと思う。

 

どうやったら聞いている人に分かりやすく伝えられるか。

基本的には、自分が分からない言語を話している人の話を聴きたいから、通訳さんを使うわけだから。

 

声の大きさ、明瞭さ、スピード、ピッチ、間の取り方

 

要素は一つではないから、追求すると終わりない。