通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

too wordy, you know?

このタイトルがすべてで、これは永遠の課題で。

wordyすぎない素敵なニッポン人の英語。

 

もしかしたら、通訳者でない英語が流暢な人の方がwordyすぎないで済むかもしれない(内容が漏れていないかは別として)

通訳だとスピーカーが言ったことは「(意味を)全部漏らさず伝えないといけない」から、「(意味を)全部漏らさず」が頭から離れないのは仕方のないことだと思う。

 

 

 

それでも、ダサいよりカッコいい英語の方がいいに決まってる。

しかも、通訳者たる仕事をしないといけないに決まってる。

だから笑ってしまう程度にしか目に見えるリターンがなくても、トレーニングを頑張るしかないのです。逆に、トレーニングをすれば、結果に表れてくるのだから、ある意味簡単です。トレーニングをしなければ、結果に表れてくるのだから、ある意味streightforwardです。

 

 

 

 

 

日→英逐次の話。

必要なのは『こういうこと言ってんのね』

内容と流れを身体で聴く、つまり、覚えておく(ノートに助けを借りる)。

身体で覚えた話を、忠実に、一気に、英語で話す。

聞いている人の顔を見て通訳が難しいときは、内容がつかみきれていない時 or 自信がない時。

スピーカーが数分とまらない場合でも、同じ。

 

ただスピーカーが話している間、出だしがどう始まったかを覚えておくことが鍵だと私は思っていて。出だしがどうにか滑り出せば、あとは訳しながら次のポーションをチラ見しながら、訳しながら、思い出しながら、訳していける。でも出だしがすこーんと抜けてしまうと、そこから先のピースが思い出せない。記憶のビーズが繋がっていないから。