通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

パソコンサイトラ

音を出して練習する環境がなかなかない場合も結構あると思います。

 

それでも通訳は音を処理する仕事なので、音(わたしたち日本人の場合は、英語)に触れていないと処理スピードが落ちます。どこかでどうにかして音を聞いて、音を同じ速さで出していく練習というのが欲しいです。 

 

外では、家から最寄り駅、スーパー、ジムなどなどそれぞれその帰り道往復をシャドーイング、同時通訳出来ればそれなりの量が出来ます。私自身机の前に座ってひたすら聴くというのが好きではないので、歩く時、電車で移動する時に、ニュースやTED talksを聞きます。

 

家ではパソコンが使えれば、英字新聞のウェブサイトを立ち上げて、ワードを立ち上げて、同時通訳をしていたらこう訳すだろうという順番でサイトラしたものをタイピングしていきます。アナログ派の私でもここは紙ではなくてパソコンです。速いからです。訳すのと同じスピードで文字におこせます。

これを自分が勉強したい領域の記事でしばらく続けて行うと結構勉強になります。例えば金融でも色々テーマはありますが、今週は債券市場と決めたら債券の記事ばかりサイトラします。そうすると債券市場の様相が分かります。どんな単語がよく使われるかも分かります。

同じことを政治分野でも、宇宙分野でも、自動車、化学、製薬、リテール、やってみると英語と知識の勉強になります。

継続が大事なので何時間もやりません。10分なら10分、7分なら7分と決めて集中して行います。