通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

縦も。横も。

縦だけでなくて横にも成長したい

 

縦に成長。

昨日よりも自分の通訳レベルが上がる。

 

CNNを見る、

ホワイトハウス会見のシャドーイングをしてみる、

CitiCEOの同時通訳をしてみる、

The Economistを読みこむ、

官房長官記者会見を同時通訳してみる、

TEDを聴く、

ポッドキャストを聴く、

FTを読んで

日経の音読もしてみたり、

忘れるくらい昔の通訳学校の教材を逐次通訳してみる、

音読する

 

通訳を上手くなるにはどうしたらいいか、というのは巷にあふれかえっているからあとはやるだけなんだけれども時間が限られている、課題は一人ひとり違う、つまり優先順位も異なります。がむしゃらにすべて大事だからすべてやるとするのは長期でみたら非効率的で効果的とは言えないので、通訳能力を昨日よりも上に、縦に伸ばすために何をやるべきかメニューを組んで取り組むのです。

 

 

 

横に成長。

通訳が私からなくなっても、自分の考えを、軸をもってAからZまでの話題を堂々と会話出来る。

 

そういう幅がある人間になりたいと思うのです。

 

通訳者をやっていると情報に対して受け身です。

見る、聴く、なるほど、と。

自ら発信しません。

通訳者が発信していると思っているのはスピーカーの思想やロジックです。

「分かる」のと「語れる」の間には大きな隔たりがあります。

「語れる」の幅を広げていくことをしたいな、と。

 

 

幅、幅と言っていますが、きっかけは通訳の仕事です。

私とは違う世界に住む優秀で斬れる外国の方々とお話する機会が、通訳をしているとあるものです。そうした時に私という一人の日本人に対して話しかけてくる彼/彼女らと話をしていると、私は「スッカラカンだな」と思います。通訳をとったら何が残る?と。

 

通訳も限りなく縦に追究しつつ、

通訳以外も横に横に1ミリでも太ってみる努力をしよう、と思います。