通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

逐次通訳の実際

逐次通訳中に通訳者のメンタリティで何が大変かというと、

自分の理解を超えたことを言われたときに、

聞こえてきた通りに、

自分の「どういうこと??」を織り交ぜずに、違う言語で話すところ。

 

聞いていて「なるほどね」とか、ロジックが見えるものは、通訳していてそれほど大変ではありません。あとはリテンション力の問題です。訓練すればどうにかなる。

 

いまいち分からないのに、いまいちピンときません感を入れずに訳すことが大変で、そしてそれが大事。いまいちピンとこないからといって「だと思います」とか「かもしれません」で濁してはいけなくて。

自分がいかにも話しているかのように、仕事をする。

逆を言えば、堂々と間違えることがあるということですが。

 

でも「だと思います」とか「かもしれない」は通訳者の気持ちであって、スピーカーの気持ちではないから、スピーカーの「雰囲気」が消えて。聞いている人にも、その「なんか一枚入った感」は分かります。

 

 

通訳者は存在感があってなんぼだと私は思うけれど、会話の中では通訳者は存在感を出してはいけないと思う。