通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

新聞たち。

勉強材料として、そして最近では情報を得る目的で新聞を英語でも読みはじめてからだいぶ経ちます。

振り返るといろいろ読んでみました。私が読んでいただけでこれで全部じゃあ、ありませんので、what to readで悩んでいる方はさらにリサーチください。

 

The Japan Times

最初にお世話になってた子です。まだThe New York Timesが入る前でした。国内外ニュースまんべんなく。ソフトな話題がやや多い印象。The N.Y.Timesは専ら海外情勢、政治のニュース。日本記事があがるのはアベノミクスや、北朝鮮関連でたまにあるかないか。

 

The Japan News 

初めはYomiuri Newsでした、よね確か。日本語と英語の橋渡しをまさにしているような新聞だとおもいます。かなりお世話になりました。わたしがもし通訳学校に今通っていて時間がたっぷりあるなら、自分にはじからはじまで読むこと勧めます。単語力もつくし、日本のかなりローカルなニュース(モリカケ問題、全農や商工中金などなどなど)が英語で読めるのでこう言いたいときにはこう言うのか、が盗みやすい新聞です。

 

The Wall Street Journal

A部は政治や国際社会ニュース。中はやや米国政治、米国社会に寄った紙面のさき具合。OpinionやOutlookなど日本でいう社説は興味深い内容盛りだくさん。新書紹介もされています。

B部はBUSINESS&FINANCE。金融、経済、マーケットの動き、分析記事。

WSJ購読するとVIP案内が届いて様々な行事に参加出来ます。TOKYOでひらかれるイベントは少ないですが、今春本紙編集長と専門家交えた討論会が開かれ参加してみました。

ネットでは一部が日本語でも読めますしWSJのいいところは、英語が難解でないこと。誰もが知る権利のあるニュースを誰もが読めるように、というような新聞です。

 

FINANCIAL TIMES

サーモンピンクの新聞です。フィナンシャルとついていますが世界の政治や情勢、週末にはソフトな内容も多いです。事実が述べられているだけでなく、そこからの分析が分かりやすく読み応えあります。そういうことがあったのね、で終わらない新聞。

マーケットニュースは為替、株、債券、コモディティ先物と細かくカテゴリ分けされていて専門的な内容まで読めます。

ファイナンスを細かく知りたいならFTがいい、米国だけでなく、欧州でもアジアでも読まれていると、あるCEOから教わって以来FTを読んでいます。

 

情報だけでなく英語表現にも惹かれているとキリありません。

しかも問題なのは読んでインプットしたら、それをどうやって、どのくらいアウトするかですね。

 

自己満足に陥らぬよう

少しでも前に進めるよう

今週も頑張っていきませーう