通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

business as usualだよ

同時通訳している時の感覚は人によって違うと思うけれど、

 

日英のときは、日本語が右から左にテロップみたいに流れていて自分が話している間に左に流れていく日本語を横目に訳している。左に流れていった日本語もどこかで捕まえて英語にしないといけない。

 

英日は不思議なんだけれど、私が日本語で話している間に目と目の間から、頭の中心から声が聞こえる。トピックにもよるだろうけど、おそらく推測するに、言っていることが風景になって頭に見えている、といった感じ。

 

やはり英語ネイティブにはなれないから聴く方に体力が取られるし、英語を聴きながら日本語を話すのは、その逆よりやや意識しないと難しい。

 

英日は正直やりにくいけれど、それでも以前の自分の感覚と比べると慣れたかなあと感じるようになった。いつも文末が待てなかった。日本語で句点を打つのと、英語を聞くのとバランスがもっと難しかった。

 

当然慣れもあると思うけど、やったことのある英語の早口スピーチやプレゼンを歩いていて耳が暇なときは同時通訳して、先に英語がダーッと行ってもどうぞどうぞと、そのあたりがthis is business as usualの感覚になったりしたのかなあ、とか。

速い日英同時通訳をたくさんやることで耐性がついたのかもしれないし。(官房長官の記者会見は日英同時通訳の良い練習材料になるからおすすめ)

 

 

まあ色々要因はあると思うけど、これからも前に進むのみだなあ。