通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

I'm not just talking about English

不満を言うとか、強いとか、連携とか、

 

よく使われる単語は英語もすぐに出るけれど、いつまでもすぐに出てくる単語だけ使っていると成長しないですよね。

 

 

成長する、しないよりも、もしかしたら逆で、パッとしない、ダサいことを避けようとしていると、成長出来ます。ダサいのは自分の言動に気づかずに満足しているからです。ダサくならないようにするには常に客観的になることです。そもそも客観的になるのはほぼ不可能です。だからダサくならないように意識すると成長します。素敵な人といると成長出来るのは刺激されて、意識するようになるからです。 

 

 

自分が話す英語そのもの、話し方、立ち方、鞄、靴、スーツ、姿勢、他の通訳者に対する態度。

 

 

英語の話に戻すと

意識しないと、速く流れてくる日本語を聴きながらいつもと違う英語を出すというのは出来ないです。単語力を上げたい場合、雑誌や新聞から書き出して満足、ではなかなか難しいです。どうしたら自分の口から出てくるか、話すときの自分のプロセスを振り返ると勉強のヒントになります。

 

使いたいなと思う単語を実際に使うというのは簡単にはいきません。単語の中には、自分の英語に対する考え方を変えないとなかなか使えないような比較の表現や二重否定表現、接続詞、副詞があります。自分の英語の基盤が次のレベルに来た時に使えるようになるのかなあと思いつつ、英語を読み、聴いて、英語に浸かり続けます。

 

がんばらずに全力でいきませーう