通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

出来ることはたくさんある

単語帳は、いざというとき本番ではあまり役に立ちません。

 

単語帳作りという作業をどれだけ真剣にやったかが、役に立つかどうかを決めます。書き出した単語を次に目にするのは本番の直前だったり、本番中だったりします。頭にどのくらい単語が入っているかが大事なんですよね。

 

ここも、天才でなくても出来る部分です。努力すればいいところは、とにかくやればいいので簡単です。やればいざというとき武器になるし、やらなければ足かせになります。

 

簡単ですが、まあ大変です実際問題。でも努力すれば出来るところをやらなければ、どこをがんばるんですか、ということです