通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

what to do before a take-off to brace for any impact

通訳は始まったらもてるもの全てを出すだけ。ここは一夜にしてどうにもならない。いつも通りに本番、出来るようになるまで『いつも通り』の練習をする

 

そのほかに準備というものがある

 

 

どちらも欠かせない

 

準備しきった、と思える日はたぶん来ない

仕方がない

スピーカーには一生なれないから

ヒトが口を開いて何が飛び出すかなんて神様しか知らない

 

でも準備を自分なりの100%でやってきたと思えるようにやること

身体を硬くして守備位置についてもボールは拾えない

 

本番が来たら、うだうだ言わずに身体を柔らかくして、深呼吸をしておく