通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

投資してもらったらリターンが出るように『仕事』をするだけ

他の通訳者がどんな通訳をしているか、自分がとったノートと照らしあわせて聞いたことはそれほど多くはありません。

 

が、最近そんな機会がありました。

対談形式の1対1逐次通訳の会議。

 

相手の通訳者さんが、英語から日本語で通訳。評価するつもりで聞いていたわけではありませんし、私も仕事ですからそれどころではありません。ただ現場で通訳者として座っていれば常に臨戦態勢なので必然と耳をそばだてて聞かざるを得ませんでした。関係詞でつながった丁寧な描写が入った文章も簡素化されて、省略されて、時には『つまりそのー』で多少歪曲されて要約された日本語となっていました。

 

 

 

比較をして、私だったらそうはしないと言いたいのではありません。

 

感じたのはむしろ、普段通訳者を入れることのリスクをどれだけお客様が負って、発注頂いているんだろうか、有難すぎると。誰もが知る有名な通訳者でなければ、名前を聞いたところで、実績を見たところで、発注した通訳者がどのくらいの仕事をしてくれるのか、計りようがないわけですよね。

 

仕事はどの分野がいいとか、

誰々の通訳をしたいとか、

レートが低いだとか色々なことが言われています。

 

 

名前が売れる通訳者になる前は(そもそもそんなふうになれる通訳者は冷静に考えて多くないと思いますが)仕事の打診が来るだけでかなり有難い話だと私は思っています。だって基本的には、実際に始まってみるまでアタリかもハズレかもわからない通訳者に、お支払い頂く。つまり通訳者を発注するという行為は一応リサーチしたうえでのエイヤであって、投機的な投資にほぼ等しい。

 

通訳者としての視点から考えれば、常に同じ現場はないし、同じ話は一度足りともない、本番一発、というのが厳しい点ではあります。だからこそ、通訳者という職業が存在しうるわけだし、「英語が一通り話せる日本人」という職業は成り立たないのと同じですよね。