通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

話しながら英語へのアテンションを100にする基礎練習

英日同時通訳です。

 

自分が話しているときに聞こえてくる英語を欠けることなくキャッチし続けながら話す。

つまり日本語を話している時に英語へのアテンションを100%にする練習。

なんとなく聞くのではなくて欠けることない英語を話しながら聞く、基礎練習。

 

多少ぽろぽろ落としてもいいなら出来ている(であろう)英日同時通訳を、耳に全部英語を聞かせる練習。私にはこの基礎練習とてもとても難しい。8語シャドーイングと同じくらい難しいです。

 

本番でそこそこ出来ることを、練習でそこそこのレベルをやっても意味ないので、今日もゼーゼー言っている私です。 

 

 

この記事から1年以上経っていますので、少しくらいは良くなっていてほしいなと祈りつつ、振り返って気づいた点がいくつか。

 

この記事を読むと

 

遅れたら終了。

 

と書いてありますが、必ずしもそうとは言い切れないなと最近思ってます。遅れたから日本語で出しやすくなる文構造もあります。なんでもかんでも「遅れたら終了」でやっていると、聴いている人へ負荷がかかりますよね。遅れても、耳がキャッチしていれば、巻き返せます。

 

 

こと英日同時通訳に関しては、英語日本語のサイトトランスレーションが効いてるなーという感じがします。品詞を変えても意味を同じに伝える練習、というのでしょうか。

 

綺麗に和訳するのとは違うアプローチをとりつつも同じ意味を出し、そしてスピードを落とさないためにはどうしたらいいか、その頭の回転の仕方をサイトトランスレーションは教えてくれます。