通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

逐次通訳と同時通訳の違いがあるとしたら

逐次通訳は同時通訳だ、とは言わないけれど、同じような思考プロセスを辿る。

つまり、ノートを取る時点でもうどのように訳すかを分かって取らないといけないということ。

 

そして話を聞いて、ノートを取りながらも、前の主張とのつながりは別に、意識する。

 

 

人が話しているわけだから、流れがある。流れを忘れてノートに書いてあることと、記憶だけを頼りにAデス。Bデス。と訳しても、スピーカーのスピリットはつたわらない。英語や日本語が多少分かって聞いている人と同じくらいしかアウトプット出来ない。

 

その瞬間瞬間、一文一文、スピーカーの言っていることが分かっても、ひとかたまりを伝えないといけないことは忘れてはいけない。

 

ここが形式以外で違いがあるとすれば、逐次通訳と同時通訳の違い、だとおもう