通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

知識 ≦ 知性

前回ご紹介した

会議通訳者 国際会議における通訳の中で、もう一つハッとする説明がありました。

 

それは、通訳者はスピーカーと同じ知識レベルがある必要はないが、スピーカーが話していることを理解できるレベルの知性が必要というもの。

 

これは一朝一夕には対策できない。

 

通訳者ですと名乗ってする仕事の怖さはここにあるんだと思いました。

 

何言ってんだあの通訳

 

というのは、通訳した発言一回目には出ません。

でも同じスピーカーの通訳をしている業務中に自らの理解レベルを上げないと、クライアントが呆れるのは明らかです

 

同じスピーカーの通訳をしている最中に私たちは理解を進め、深め、何を言っているのか理解した上で通訳をしないといけません

 

でもその対策というのは、普段から粘土のように自分の脳みそをこねて、考えさせて、刺激を与える思考活動をしていないことには、出来ないんだと思いました。

 

 

逆にそうなると、参考資料がどれだけ膨大で何を話すのか当日資料がない中でも不安にならずに思うことはふたつかな

 

 

リサーチをし、資料を読み込み、クライアントの世界に浸って理解を進めること

 

この案件が来た時点で、自分の知性レベルが足りている、と思い込んで自信をもって(大事です、思い込みは)、当日業務に臨むこと

 

ですな