通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

そういえばリプロダクション

リプロダクションをやって変わった感覚。

 

一つの枠で捉えられる英語の情報量が増えました。何を云わんとしているか、を聞き取れるようになりました。

 

これまでは、英語を聴きながら主語、動詞で、that 以下がどうした、however主語、動詞と、文法を追いかけるように英語を聴いていました。中身を聴いていませんでした。変な話ですが、中身を聴いている暇がなかった、という感覚が近いと思います。

 

何を云わんとしているかをつかめないと直訳風になります。

リプロダクションを続けていてよかったと思いますし、続けていきます。