通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

官房長官の記者会見通訳は、理解しがたいコンディションがベスト

「同時通訳のやりかた」とか決まってたらいいのに、と思う時期はあったけど

そんなものがなくてよかったと思う

 

 

スポーツも同じように、通訳って、

ルールブックを読んだら出来るようになるわけでもないし

何回やれば上手くなれますよと約束してもらえるものでもないし

とにかく自分の身体をもってexperienceするしかない

 

自分の身体を通して覚えた『感覚』が、同時通訳をする際の1秒の闘いの武器になる

 

 

 

 

5年以内に運用の見直し指示の検討作業部会が、、

 

 

 

 

 

この日本語が1.5秒で流れてくる。

意味を考えてから通訳する時もあるけど、こんなに漢字が羅列してたら聞こえてきた通りにどんどん文章を作る。

 

でもね、

上記のように、文章を主語、動詞って作り始めたら、それ自体全部が形容詞だったらどう処理すべきか?そんな細かいルールも方程式もない。考えてる暇も、正直ない。どうしたらいいかは自分の細胞がその電気回路を一番よく知っていて、勝手に走らせる、そんな感覚

 

 

でもその『勝手に走らせる感覚』は、何も考えない、左脳は休止状態です、とは違う

 

左脳で意味は咀嚼する。

それでもスピードを落とさずに英語に変換していく作業は、左脳じゃ追いつかない、感覚。じゃあ右脳?いや、身体の感覚、としか言いようがない。

 

スポーツをやっている人はよくわかるはず。

目の前に来たサッカーボールをどう蹴るか、足の側面で~とか、考えないと思う。

目の前に来たゴロをどうさばくか、腰をこのくらい落としてグローブをたてて、正面に入って、とか、考えないと思う。

 

つまり

考えることが、身体の感覚になる。

ロゴスがパトスになる。

 

論理=感覚、という、ある意味、意味不明な状態

 

その意味不明な状態をきっとゾーンとか言ったり、

ボールが止まって見えたり、

記者の質問がいつもよりゆっくりに聞こえたりするのかもしれない