通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

hello

本とカプチーノがあればとりあえず幸せな私は

当然、本屋にいるのも好きで

 

大抵はタイトルを見て手にとることが多く、

既に自分の好きな文筆家がいる場合は、著者に目を走らせます

 

ハッとする表紙写真や、デザイン、

手に取った時の気持ちよさで買ってしまう本もありました

 

 

旅先で出逢った本は、もう出逢ってしまったら買うのです

 

価格や重さでためらっても

もう出逢えないかもしれないと思うと、失うものの方が多い気がして、ね

 

 

数年前にパリで C'est la vie という、

表紙が布地の美しい写真集に出逢いました

 

C'est la vieは「まあそれが人生だよ」という意味

 

 

 

出逢ったら、出逢うことになっていたということ

失うものがあっても、まあそれも人生かもしれない

でもね、最初から何か失うかもしれないって思って生きるのとは、雲泥の差

 

 

だから今日もあなたとの出逢いに感謝している私です