通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

business as usual

もう一つ気づいたことがあって

 

 

スピーカーが話し終わった直後に訳せると

テンポが出来るな、ってこと

 

つまり、授業で当てられて『はい』はいらないと改めて確信した

 

スピーカーが話し終わった直後に訳し始めるには、

プチ勇気がいる

その待たないことに対する勇気

本番だけじゃ絶対できない

 

授業で当てられて、どのくらい聞き取れなかったかとか、ほとんど理解できなかった、とか、言ってると、本番でもそれが必ず漏れ伝わる

 

そもそもその部分は通訳じゃないし

 

 

お客さま、英語が分かって聞いているお客さまは特に、通訳者がどうこなすか、見ている

 

本番だけちゃんとやるなんて無理なんだから

 

 

いつもやっていることしか、本番ではできないし、本番で実力を100パーなかなか出せないのは、スポーツ始め、勝負事で生きている人はみんな知っている

 

 

だからうちに帰っても、明日の授業も、来週の仕事も、いつも通りにいこう