通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

We judge a book by its cover

彼女がいないからあいつは寂しいんだとか

スーツを着てないから今日は休みなんだとか

ピクリともしないからこんなこと楽勝で出来るんだろう、

あいつはハーバード大学を出たから、僕よりも相当斬れるんだろう、

1年しか通訳学校に通っていないから、相当デキるんだろうね、とか

この人はいつも楽しそうだから悩みはないんでしょうねとか

声が震えてないから全く緊張してないんだろうとか

 

 

 

 

 

人はすぐこうだから、こうだと判断したい生き物で

 

 

 

 

 

とはいえ、与えた第一印象で、ある程度判断されると思った方がいい

そこでついた判定は、結構覆すのは難しいし、

まあ覆す必要もない

勝手に覆る日が来るから

 

 

 

通訳も一緒なのかな、と。

出だし数分で与えた印象で、自分の通訳能力を判断されるもの、よね