通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

are you ready to talk?

久しぶりにマイクを握った

 

英日逐次は社内通訳の時にもやっていたけど

日英逐次は初だった

 

オーディションを思い出した

 

始まる前のあの数分が嫌だね1番

早く始まっちゃえばいいのに

 

この間と同じで天使と悪魔の会話が始まる

 

天ーどうしよう英語うまく出てこなかったら?

悪ーというか、あなたがしゃべるんではないわけだから。隣にいるスピーカーたちが伝えたいなーと思っていることを、英語で話せばいいんじゃないの?

 

天ーでも即興でなんか来たらどうする?

 

悪ーそんなもんしょうがないよやるしか。だって今さらどうすんの?やるしかないでしょうが。

 

 

ということで、始まってしまえば、アドレナリンが出て、マイクを握って話していました。

 

やっぱり訳さなきゃ、だと失敗するね。

この部分はこういう構文で、なんて考えないで、スピーカーの言いたいことをUFOキャッチャーみたいにつかんで、

それを、話す