通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

ノートテイキングとか言うけど

通訳するときのノートは自分の取りいいように取ればいいと思う。

結局、通訳出来ればいい訳だから。

他人から教わった取り方やら記号やらは、自分の手足になってくれるまで時間がかかる。

 

 

好きに取ればいいとは言っても、

低姿勢でノートに張り付いて、いかにも必死に頑張ってます感満載だと

見ている人は不安になる。

 

 

あまりノートは取らない方がいいという説の方が多い。

当たり前で、取れば取るほど耳が留守になってるから、

スピーカーが伝えたいエッセンスを、感じなくなる。

だから、ノートは取りすぎない方がいい。

 

でもノートを取り過ぎないことが目的になってはいけなくて。

取る量を減らしたいなら、

理解度を落とさずに、

ざっくり訳さずに、

けれども取るノート量を減らすにはどうしたらいいか、を考えないといけない。

 

取る量を減らすことで通訳の質が落ちるのは本末転倒で、

誰もそんなことは望んでないもんね。