通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

アウェイでもやるべきことを。

アウェイの業界でアウェイの専門用語の嵐にさらされています。

 

やはり少しでも馴染みのある話を通訳している場合とは自分のアウトプットレベルが違うことをひしひし感じます。

よく考えなければいけないし、

考えても分からない場合があって、

言葉を頼りに通訳するしかないからです。

 

でも今回思ったのは、自分が???状態でも拒絶せずに聞こえたことを訳していくことも大事なんだということ。

 

???状態なのは自分だけで、聴いている人たちは理解出来ていることがあります。

 

 

それにしても理解しきれていないことを、この背景から行くとこういうニュアンスで言いたいんだ、と考えながら、かつ、よく理解しきれずに訳していく、聴いている人は理解している、というのはなんとも、気持ち悪い。

 

勉強しよう、と思わせてくれます。

勉強してもお客様の方がどこまでいってもプロだから、同じところに追いつくことはないんですけど、理解しようとするのは大事。