読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

one shouldn't follow in tow right behind them.

英語は音楽のようで、液体のよう。流れていて、流動的で、発音も雲のように流れる。

 

日本語は、習字のよう。滑らかに動く筆のように見えて、最後は

 

ーです。

ーます。

 

でしっかり止めないといけない。

小学生で漢字をならった際に、適当に流さずに止めるところは止めなさい、と言われたことを思い出す。

 

 

私にとって、この日本語の特徴が英日同時を苦手と思わせているのかもしれない。

 

英語を適当に話しているわけではないけれど、流れていくような英語に合わせてぱしっぱしっと日本語をはめていく作業は、日英同時に比べて難しく感じる。 

 

スイスイ泳ぐように飛ぶ龍の背中にがっしり捕まっていたら衝撃は強すぎて堕とされそうになる。だから少し精神的に距離をおいて、訳す。

 

正確には訳すが、文章にがちがちにくっついていると振り落とされる。