通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

いま出来ることを、やろう。

急にはどうにもならないという記事を176日前に書いているようです。

 

ブログを書いていてよかった、と思うのは自分があのときどう感じていたか、振り返ることが出来る時。

 

 

急にはどうにもならないと分かっていても人間怠惰になるものです。もう少し先の話だし、今日やらなくても大して変わらないだろう、って。

 

でもその『もう少し先』が目の前に来た時に何かしてもあまり意味はありません。どれだけリアルに『もう少し先』を描いて今日一日を生きるかが大事かな、っておもいます。

 

 

それは人の死も、人との別れも、試験も、これまでその時その時を一生懸命やっていれば、『もう少し先』が来ると意識してその日その日を生きれば、後悔は少ないはずなんですよね。