読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

出逢ってしまったら。

chemistry

□と○を混ぜたら☆になる。化学です。相性です。

□と○が出会うと☆になる。
□と△ではないから☆になったんです。


□と○が出会うタイミングは神様が決めます。面白そうだからそろそろこの2つ混ぜてみようかな、と。


鎌倉の長谷寺にあるカフェに掛けられていました。
『偶然ではなくて、縁なのです。』


偶然だと思うものは実はすべて起こることになっていた。



嬉しいことも悲しいことも悔しいこともがっかりすることも、すべて起こることになっていたと思うと、ふと肩の力が抜けます。そこから何を得ようかな、と思います。



人との出逢いもしかり。
会社との出逢いも
仕事との出逢いも
場所との出逢いもそうだし
服との出逢いも。
英単語との出逢いもそうです。


その時が出逢うのにちょうどい~いタイミングだったんです。


□と○とが出逢って化学反応が起こせるよいタイミングだったんです。それを意識して1つ1つの出逢いを大事にする。一期一会ってそういう意味かな、と勝手に解釈します。



一応このブログは通訳者が書いているので英単語とのケミストリーにさいごに触れます。

やはり出逢ってしまったら、次に生かさないといけません。出逢って放置しておくと痛い目を見ます。出逢った今がベストタイミング。またいつでも出逢えると思ったら間違い。

特に理解できるけど、自然な日本語に出来ない英単語。


本当に使えるようにしたかったら
1 英英辞典をひいて、3Dで意味を把握。つまり英語で意味を把握。

2 Google検索にかけ、newsタブをたたくとどんな文脈でどんな風に使われているのかリアルな例を確認出来る。英和辞典にある意味とは関係なく(ここ重要)、眺めているうちに自分の中にわき起こってきた日本語を大切にする。でないと、いつまでも理解度が教科書を越えません。最後に辞書ちらっと確認。(やっぱりね、そんな感じよね程度)ノートに書いておく。


f:id:leogirl:20170329012935j:plain