通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

インタースクールに入学してからの1年間

さて、英語歴の振り返り続いています。

前回は2013年からの本科Ⅰ3回履修の期間中の話をしました

 

2012年10月期英語専修Ⅳ、2013年4月期会議通訳コース準備科。

 

こんなに自分は英語が出来ないのかと思い知らされた1年間であり、英語熱が自分の中で一番高かった時期かもしれません。

 

英語のニュースを1分以上聞くのは初めて。 

英米人のスピーチを聞いたのが初めて。

 

ここまで書いてなぜ通訳学校に来たのか首をかしげたくなります。

 

そしてThe Economistを読んだのも初めて。

人が話すスピーチを聞いてノートを取ったのも初めて。

 

何もかも新鮮で、とにかく楽しくて、言われた宿題は全部こなしていましたし、授業でやったことも見直していました。積極的に発言していましたし。

 

今振り返っても一番楽しかった時期です。

 

 

でもこのときは「分かって楽しい」で終わってましたね。

聞いて分かったことを口に出来るレベルにはとてもではないけどいなかったです。「英語が分かった気でいる」ことが思い知らされた1年でした。

 

『通訳者ってこんな難しいこと聞いて英語にも日本語にも出来るの?!』って思っていました。この時はまだ通訳者を目指そうとも思っていないですし、雲の上の話だったと思います。

 

この時に感じていた楽しい、好き、という感覚は忘れちゃいけませんね。