読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

忘れかけてた遠い夢の訪れ


Ride On Time 山下達郎

 

 

羽田空港国際線ターミナルの近くに住んでいます。

 

 

仲良くなった外国人に住むところを聞かれた時の私の定型文です。大学生から変わっていません。話を広げやすく、好きです。

小さい時から昼も夜も飛行機が上空を飛んでいます。最近では就航路線が増え、昼間も様々な航空会社の航空機を見ることが出来ます。

 

それでも飛行機で旅をするというのは、なんだか、素敵なことのように思える。

どこまでも広く続いている空を、太陽に少しでも近く、泳いでいける飛行機はいいな、って今でも思います。

 

 

飛び立つ

 

 

私の好きな響きの言葉です。

飛び立つ人たちがうらやましくて、高校生の頃よく自転車で空港近くまで土手を走りました。行ったところでどうにもならないのだけど。

 

飛び立つその雰囲気に、潔さに魅せられて、そのかっこよさにあやかりたくて。

近くに行けば自分も飛び立てる気がしてたんでしょうね。

次の目的地にみんな視線があっている感じ。

狭い現状にとどまらないで次を目指そうとしている感じ。

広いところに出ていくのを厭わない雰囲気。

 

 

大学生の時には実際に空港でアルバイトもしました。

外国人に話しかけられるのが好きで好きで、困っている人を助けるのが好きなんだ、と思いこんでいましたけど、実際には英語を話すのが楽しかっただけですね。

将来英語を使って飛び立つ雰囲気の仕事をしたい、って思っていました。(なんてあいまいな笑

 

 

 

広いところへ飛び立つ飛行機のように、私も広いところに飛び立ち続けたい。

高校生の時も、今も、その思いは変わりません。

正面に風を受けて、髪をなびかせて、少し上を向いて、少し口角を上げて、いつも。

 

 

高校生の時も、今も、山下達郎Ride on timeが空港行くときのおともです。

これからも飛び立つ時のおともとして、よろしくーっ